車 下取り

 

↓↓↓たったの2分ネットで簡単に自分の車の売却相場調べられます↓↓↓

 

車の下取りと買取店どちらが良い?

 

車を買い換える時に、今の車を下取りに出すのがいいのか、それとも買取ってもらう方がいいのかどちらが高額査定が出来るの?、といった質問をよく受けることがあります。

 

 

これはどちらが確実にいいかというのは断定しづらい問題ですが、それぞれの特徴を説明します。

 

 

下取り査定

下取りは新しく車を買うために現在の車を下取りしてもらうことで、その下取り価格をそのまま新しい車の購入代金に充てるというものです。

 

したがって当然車を購入する業者一社で行うことになりますので、比較する存在はなく提示された下取り価格をそのまま飲むしかありません。

 

実際に下取り価格と新車の値引きと合わせて計算されてしまうため、お得なのか良く分からなくなってしまうことが多いのです。
ただし、車を購入してくれるということで、多少の上乗せをしてくれるケースもよくあります。

 

 

買取専門店

買取の場合は、なんといっても車の購入とは関係のないところで行われますので、自分の納得行く査定を出してくれる業者が見つかるまで、いくらでも査定してもらい続けることができる、というのが大きなアドバンテージとなります。

 

 

買取業者の場合、タイミングや在庫次第では通常の相場を遥かに上回る査定額を提示してくれることも多々ありますので、うまくそういった業者を掴むことができれば、買取のほうが大きな額を手にすることができるでしょう。

 

 

車の買い換えはとても大きな出費を伴うことですので、少しでも費用の足しにできるよう、よく検討して選択するようにしたいものです。

 

ワンポイントアドバイス
もし車を新車で購入することを検討しているのでしたら注意する所が有ります。
ディーラーの新車の値引きと下取りの額です。

 

ディーラーでは車を売ることがモン業ですが、この車の買取でも利益を出せるのです。
現に買取だけの専門業者が有る点がいい例ですね。

 

そこで注意したいのが、買い取り価格と値引きの価格です。
販売店ではこの両方を合わせて利益計算してしまうために、ユーザーからはどちらが適正な金額なのか分からなくなってしますのです。

 

簡単に言いますと買取と購入の適正価格2つを判断しなければならないのです。
もし購入だけで下取りに出さないようでしたら、値引き額だけを考えて商談を進めれば良いのですが、
値引きができないので買い取り価格を上乗せしましたというフレーズ。
本当に買い取り価格がほかより高いのでしょうか?
そう言ったテクニックが販売店には有りますので、車の下取りは一度買取店で買取相場を調べてから判断することが良いでしょう。

 

相手は毎日クルマの話をしているプロです。
詳しいと思ってもついつい上手くまとめられてしまうので
冷静になってくださいね。

 

車の下取りと買取相場確認はコチラがおすすめ

▲ページトップへ▲